ハッテン途上ライダーの日常

Motorcyclistの端くれ。コミネマン予備軍。(so-netブログから移行してきました)

CBR125Rのクーラントを交換。

はい。時間があったので、

クーラントを交換してきました。

オイルも、前回交換から2000kmを超えていたと思うので、交換しました。

所要時間30分くらいでしょうか。

今回は、サイドカウルを外して行いましたが、頑張ればサイドカウルを付けたままでもできるかもしれないです。

まず、シートを外します。

 

 

次に、アンダーカウルが邪魔になるので外します。

続いて、サイドカウルも取り外します。



ちなみに、写真のピンクのホースはクランクケースブリーザー。 ノーマルの長さだと、アンダーカウルの中がエンジンオイルでドロドロになってしまうので、延長してアンダーカウルの下から路面に直接放出しています。(微量だし、サーキットじゃないからOK)

 

次に、 オイルポンプのドレンボルトを緩めます。

この時、ラジエーターキャップもあけておかないと、クーラントは放出されません。

 

ラジエーターの中のクーラントを抜き終わったら、今度はリザーバータンクの中のクーラントを交換しなくてはなりません。

が...。

奥深くにあるため、チューブを抜いて放出することもできず、

上抜きツールも持っておらず、困った挙句に思い付いたのがこれ。

 

ラジエーターキャップのすぐ横についている、リザーバーから冷却水を吸い上げるラインに洗浄瓶を繋いで、ラジエーターがクーラントを吸い上げるように、洗浄瓶でリザーバータンクの残りを吸い上げます。

我ながらナイスな発想ですw

 

抜き終わったら、ラジエーターの中をすすいで、新たなクーラントを入れたら作業終了です。

今回は、緑のクーラントから、赤いクーラントへ変更しました。

別に意味もこだわりもないのですが、なんとなく赤いクーラントを使ってみたくて(笑)。

 
結構簡単にできるので、自分でやってみるのもアリです!

ドロッとした感じがあったので、LLCもまめに交換した方がマシンのためですね!

(C) Fuku_Yu ALL RIGHTS RESERVED