読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッテン途上ライダーの日常

Motorcyclistの端くれ。コミネマン予備軍。(so-netブログから移行してきました)

遂にインカムに手を出すゾ!(SENA USモデルの注意点予習)

淫カムは高いから、ローインカムな貧乏学生にはムリムリって思っていたけど、そうでもないらしい(歓喜)

 

 

最初に発見したのが、ミッドランド社のコ↑レ↓

BT X2 FM 製品紹介 - バイク用インカム・小型ビデオカメラのMIDLAND(ミッドランド)

 

意外と実売価格も低いし、これいいんじゃね?と思い、インプレをリサーチしてみようと型番で検索してみると…

 

corocoma.hateblo.jp

 

なんと出てきたのはこちらの淫夢ブログ(笑)

ホモの影響力は大きい…

 

この記事によると、自動で音量を調節してくれる機能が暴走して、全く使えないらしい(呆れ)

このクソ機能についてちょっと調べてみると、解除できるとかできないとかいろんな情報が錯綜しているので、corocomaアニキに報告して検証してもらったところ出来なかったらしい。(お手を煩わせて申し訳ナス)

 

 

やっぱり、B+COMかSENAが良いらしく、並行輸入が安いというナイスな情報を頂き、Amazon.jpへGO!

 

「うん。安い!」(歓喜)

Amazon.co.jp: 【並行輸入】Sena SMH10-10 Motorcycle Bluetooth Headset ヘッドセット/Intercom インターコム: 車&バイク

正規モデルが26000円くらいなのに対して、並行輸入は20500円。

 これは大きいゾ!(意味深)

 

ただ、あいにく、

ぼくが求めているSMH-10-11(フルフェイス向け)のモデルが無い。(絶望)

 

「じゃあ、個人輸入すればいいじゃないか!」

という安直な発想を経て、Amazon.com(USサイト)を見てみると、

 

「やっ、安いゾ!」

f:id:Fuku_Yu:20151203204401p:plain

$138.98ってことは、今のレートで…

¥17094じゃねえか!!!

 

ということで、ここでポチろうと思っていたのだが、

並行輸入モデルだと色々な問題が浮上してくるらしいので、以下、対策方法を予習するゾ!

 

SENA USモデル購入時の注意

  1. 国内正規と同様には保証が受けられない
  2. ファームウェアのDLが不可
  3. 取説DL不可

これらが、並行輸入品購入時に立ちはだかる大きな壁らしいが、

 

1に関しては、別に気にしなくても良いかな。

一応SENAのグロバールサイトをチェックしてみたところ、た各代理店を通さなくても、各域からちゃんと保証も受け付けてているので、故障時はこ↑こ↓から問い合わせてみるのも良いかも。

(ただし、正規でない手法で日本語ファームを入れてたりするとダメかも)

まあ、壊れたとしても、大した価格じゃないし、大丈夫でしょ(楽観視)

 

 

 2、3に関しては、こんな方法があるらしいので、日本語化したい人は参考にどうぞ。

ぼくは別に日本語じゃなくていいし、スカした顔でUSモデルとして使うんで問題ないです。

 

2,3が具体的にどういうことかというと

SENAの国内正規取り扱いメーカーって、値崩れ防止なのかどうかは知らないけど、公式サイトで取扱説明書もファームウェアもダウンロードができないクソケチでセコい手法を取ってる

 

しかし、グローバルサイトを見てみると、FirmwareもOwners Manual

も公開されているし、製品登録も保証も受け付けている。

 

そりゃ、まあ、海外であんなクソケチでセコい手法とるわけにもいかないもんね。

日本人なら文句言わないと思ったんですかね?(ニッコリ)

 

ということで、USモデルとして使うんなら、1はメーカーに問い合わせてみないと微妙だけど、2と3は全く問題ないわけだ。

 

また、日本の電波法にも適合してるし、現地(US)の法令にも適合してるし、法的な使用制限もない。

となると、高い金を払って国内モデルを買うメリットがほとんどなくなる。

 

たった2年間の保証のために1万円近い差額を払うのもバカバカしいしね。

 

ということで、オーナーズマニュアルを一通り読んでから、

ボクはこれをポチろいとおもいます。

 

以上。

 

追記。

SENAのオーナーズマニュアル読んでみたんだけれど、とっても読みやすい

www.sena.com

(C) Fuku_Yu ALL RIGHTS RESERVED