ハッテン途上ライダーの日常

Motorcyclistの端くれ。コミネマン予備軍。(so-netブログから移行してきました)

CBR125Rエンジンオイル交換。

そろそろエンジンオイルを交換します。

スミコー製のDCMオイルを使用していましたが、劣化してきた感が出まくりなので、1500km程度ですが交換します。

そろそろ、全合成油も使ってみようと思い、大道のウルトラG3ではなく、ワコーズのPRO STAGE-S 10W-40を選びました。

 

 


では、オイル交換に際しまして、用意するもの。

 

1.交換するオイル(今回はワコーズ プロステージS 10W-40)

2.オイルトレー(廃油を受け止めるもの)

3.オイルジョッキ(交換量1Lですが、念のため測ります。また、ジョッキのほうが注ぎやすいです。)

4.サイズ14ミリのソケット(ドレンボルトを緩めます。僕の場合、社外品のドレンボルトを使用しているため14ミリです。)

5.ドレンワッシャー

6.廃油を保管しておくタンク(なければ、処理箱。それもなければ、紙に浸み込ませて捨ててください。)

7.六角レンチ〔ショート〕

8.ふつうの六角レンチ(アンダーカウルを脱着するのに使います。部位によってはショートのほうが便利です。)

 


では、交換作業に取り掛かっていきます。

 

1.まず、アンダーカウルを外します。(暖気後は高温部が多いため、やけどのリスクが高まります。(カブで手首を焼きました(笑)))

2.次に、暖気をします。水温計が真ん中を指せば十分でしょう。

3.ドレンボルトを外し、オイルを抜きます。

4.しっかり抜けたらドレンボルトを締めます。

DSC03769.JPG

5.CBR125Rは全量1.3L、交換時1.0Lですので、ジョッキに1.0Lを測り取りエンジンに注ぎます。

6.アンダーカウルを戻して完了です。

DSC03767.JPG

 

(C) Fuku_Yu ALL RIGHTS RESERVED