ハッテン途上ライダーの日常

Motorcyclistの端くれ。コミネマン予備軍。(so-netブログから移行してきました)

仙台-青森 R4 800km耐久ツーリング

はい。先日、国道四号で仙台青森間を往復して参りました。(日帰り)

出発する五時間前に思い付いたので、その思いつきのまま強行しました(笑)

当初の予定は、
朝三時に家を出て午前中に本州最北端、大間まで行く予定だったのですが、
寝坊のため出発が五時になり断念しました。

五時に家を出発して、R4にすぐ入ります。
後は青森まで400km近く道なりです。

(ワインディングなんてものはなく全くおもしろくなかったのは秘密)

ただ行って帰ってきただけのツーリングとなります。

いつも通りカメラを持って出掛けましたが写真を撮ってる余裕など無く、画像はありません(´`:)

とにかく走るのみです。


では、まずは今回のツーリングの荷物。
・タオル類
・着替え
・非常食(お腹空いたときのカロリーメイト
・飲み物
・カメラ
・財布
+運転に必要なもの

こんな感じで、最悪、途中でリタイアしても温泉で休憩orホテルで一泊できる最低限の装備を持って行きました。

泊まることは最初から最後まで考えていませんでしたが、
泊まれるように用意はしておく事によって生まれる精神的ゆとりもあります。


R4ですが、大和を抜けると盛岡あたりまでの区間ほとんどが対面通行、追い越し禁止区間です。

早朝は盛岡手前まで快調で、盛岡あたりで通勤時間帯にあたってしまった為、ご飯休憩をとりました。
休憩中に渋滞は解消していたのでいいチョイスだったと思います。

そういえば、ツーリングの往路での朝ご飯って朝マック率が非常に高い。
先月も三回くらいそうだったかも。

ちなみに、復路では牛丼率が高い(笑)


盛岡で九時前後に休憩をとり、また4号を北上し始めるのですが、
岩手県の広さを思い知りました。
進めど進めど次々と岩手県のいろんな町が現れる…

おそらく、ほとんどの時間が岩手県を走っている時間でした。


しばらくして、
青森に突入しまして、テンションがあがりましたが、同時にどこで引き返すのかが問題になってきます。

大間は確実に無理だから、この地点であきらめました。

八戸あたりで引き返すのもなんだかもったいない気がしたので、青森港まで行くことにしました。

が…。

港に着いたものの駐車スペースが無く、駐車場を一周して出てきてしまいましたwww

復路に就く前に青森でガソリンを500円分だけ給油。

盛岡付近が異常に安いので、そこでもう一度、今度は満タンまで給油しました。
15円くらい差がありました。

ここで、これまでの行程の燃費計算をしてみた結果、53.8km/L
脅威の高燃費。

軽くぶん回してもこの数字の出るCBR125Rって、かなり優秀だと再認識しました。

給油後は特筆するようなことはなく、ただ走るだけだったのですが、
途中で…
androidapp/157516150806094731-377467034.png

ゾロ目キターーーーーー(´▽`)ノ

6666って中途半端だけど^^;

あと、取り締まり現場と白バイにたくさん遭遇しました。

ゴール直前でぬわわkm/hでパトカーを抜きそうになったときはビビった(笑)

気付かなかったらアウト。
免許さんが逝ってしまう…

さらに、もっとゴール間近になって、交差点でクルマに引っかけられそうになり急ブレーキ。

終わり間際に立て続けに危なっかしい場面に遭遇しましたが、無事帰宅。

全行程800km。
一日の最大移動距離更新。

クルマは高速使って550km/Day
二輪は八幡平まで500km/Dayが最高だったから、
+300km。

身体の疲れやマシンの問題などはなく、時間的制約のみに縛られたツーリングでした。

高速に乗れないという面での原二の限界が少しわかった気がします。

androidapp/1575181508060947261120206595.png
(C) Fuku_Yu ALL RIGHTS RESERVED